起業資金を抑える手段

事業をスタートアップする際には、いかにしてイニシャルコストを低く抑えるかが重要な問題となります。そのような問題を解決するためには、「バーチャルオフィス」を利用するのも一つの選択肢です。

バーチャルオフィスは、安価な料金で利用できるのが魅力的ですが、だからと言って不用意に選択すると、事業の拡大や取引先の獲得などに際して、不利な状況に置かれる可能性もあります。そのようなリスクを回避し、バーチャルオフィスを上手に利用するために、そのメリット・デメリットを理解しておくことが大切です。

起業するにあたって必要となる住所や電話番号、ファクシミリ番号などをレンタルするのが、バーチャルオフィスのサービスです。バーチャルオフィスと似通ったサービスに「レンタルオフィス」があります。両者は混同されることも多いので、その相違点をきちんと把握しておきましょう。

一口にバーチャルオフィスと言っても、さまざまな種類のサービスが存在します。例えば。バーチャルオフィス専業のケース、レンタルオフィスとの兼業であるケース、バーチャルオフィスという謳い文句で、実際には電話代行・秘書代行サービスのみ提供しているケースなどがあります。