バーチャルオフィス

起業家にとって、初期費用をできるだけ低く抑えるのは切実な課題となります。「バーチャルオフィス」は、そのような目的を果たすために利用することのできるサービスの一つです。このサービスは、リーズナブルな料金設定に魅力があります。とは言え、安易に利用すると、事業規模の拡大や取引先拡大などに失敗し、自分を追い込む結果を招いてしまうことにもなり兼ねないので、注意する必要があります。

バーチャルオフィスのサービスでは、事業を始める人を対象として、会社の住所や電話番号、FAX番号などをレンタルしてくれます。「レンタルオフィス」は、バーチャルオフィスと類似したサービスで、混同されやすいので、違いをしっかり理解しておくことが大切です。バーチャルオフィスのサービスを取り扱う会社には、専業のところもあれば、レンタルオフィスと兼業のところもあります。また、バーチャルオフィスと謳いながら、実際は電話代行などのサービスしか提供していない場合なども存在します。

バーチャルオフィスでは、住所・電話番号などだけレンタルされ、一般の事務所のような業務スペースを持たないのが一般的です。バーチャルオフィスに届いた郵便物、掛かって来た電話は、事前に設定した住所・電話番号に自動転送されることとなります。一方、レンタルオフィスの場合、住所・電話番号などに加え、業務スペースも貸し出されます。ここでは、バーチャルオフィスのメリット・デメリットについて詳しく解説します。