サービスの内容と利点

世の中には、バーチャルオフィスと称して提供されている、いろいろな種類のサービスが存在します。それぞれのサービスの相違点を理解した上で、自身の適性やニーズ、希望条件に合ったものを選ぶことが大切です。

バーチャルオフィスの場合、その名称からも察しがつくように、通常の事務所のような業務スペースを持たず、住所や電話番号などのみレンタルするのが基本的なサービス内容になります。そして、バーチャルオフィスに郵便物が届いたり、電話が掛かって来たりすると、あらかじめ設定した住所や電話番号へと自動的に転送されます。その一方で、レンタルオフィスとは、住所や電話番号などのみならず、業務を行うスペースもレンタルするサービスのことを意味します。

バーチャルオフィスの場合、レンタルオフィスなどと違って、保証金や敷金を負担せずに利用することが可能です。そういった事情から、一般的な事務所と比較して、はるかにリーズナブルな金額で利用することができるのは、バーチャルオフィスのメリットです。また、とりわけ企業同士の取引に於いて、信頼関係を築くためには、取引先の会社がどこに所在するかが重要な問題となるケースが少なからず見受けられます。

起業資金を抑える手段

事業をスタートアップする際には、いかにしてイニシャルコストを低く抑えるかが重要な問題となります。そのような問題を解決するためには、「バーチャルオフィス」を利用するのも一つの選択肢です。

バーチャルオフィスは、安価な料金で利用できるのが魅力的ですが、だからと言って不用意に選択すると、事業の拡大や取引先の獲得などに際して、不利な状況に置かれる可能性もあります。そのようなリスクを回避し、バーチャルオフィスを上手に利用するために、そのメリット・デメリットを理解しておくことが大切です。

起業するにあたって必要となる住所や電話番号、ファクシミリ番号などをレンタルするのが、バーチャルオフィスのサービスです。バーチャルオフィスと似通ったサービスに「レンタルオフィス」があります。両者は混同されることも多いので、その相違点をきちんと把握しておきましょう。

一口にバーチャルオフィスと言っても、さまざまな種類のサービスが存在します。例えば。バーチャルオフィス専業のケース、レンタルオフィスとの兼業であるケース、バーチャルオフィスという謳い文句で、実際には電話代行・秘書代行サービスのみ提供しているケースなどがあります。