メリットと注意事項

とりわけ企業間取引を行うに際しては、都心の一等地を会社の所在地とすることのできるバーチャルオフィスは、魅力的なサービスと言えます。

特に、事業が小規模で、自分1人でできる程度の規模から、将来的に拡大するつもりもそれほど無い場合、バーチャルオフィスを利用するのも良い方法と言えるでしょう。そのように、事業を始めるにあたって、資金の余裕が少ない場合には、有効な選択肢となり得るバーチャルオフィスですが、それなりのデメリットも存在します。

例えば、法人名義の銀行口座を開設したり、社会保険や雇用保険の申請を行なったりする上で、不利な状況に置かれることが多いのは、バーチャルオフィスのデメリットです。また、派遣業や古物商などの許認可を取得したり、創業融資を受けたりしようとしても、バーチャルオフィスを使用していることが問題となり、目的が果たされなくなる可能性があります。

その他に、一般の事務所とは異なり、バーチャルオフィスは、複数の会社によって利用されます。そのようにして、他の会社と住所が重複すると、バーチャルオフィスの住所で検索をかけた時に、自社と異なる会社名が表示されてしまうなどのリスクが存在するので、注意する必要があります。

サービスの内容と利点

世の中には、バーチャルオフィスと称して提供されている、いろいろな種類のサービスが存在します。それぞれのサービスの相違点を理解した上で、自身の適性やニーズ、希望条件に合ったものを選ぶことが大切です。

バーチャルオフィスの場合、その名称からも察しがつくように、通常の事務所のような業務スペースを持たず、住所や電話番号などのみレンタルするのが基本的なサービス内容になります。そして、バーチャルオフィスに郵便物が届いたり、電話が掛かって来たりすると、あらかじめ設定した住所や電話番号へと自動的に転送されます。その一方で、レンタルオフィスとは、住所や電話番号などのみならず、業務を行うスペースもレンタルするサービスのことを意味します。

バーチャルオフィスの場合、レンタルオフィスなどと違って、保証金や敷金を負担せずに利用することが可能です。そういった事情から、一般的な事務所と比較して、はるかにリーズナブルな金額で利用することができるのは、バーチャルオフィスのメリットです。また、とりわけ企業同士の取引に於いて、信頼関係を築くためには、取引先の会社がどこに所在するかが重要な問題となるケースが少なからず見受けられます。

起業資金を抑える手段

事業をスタートアップする際には、いかにしてイニシャルコストを低く抑えるかが重要な問題となります。そのような問題を解決するためには、「バーチャルオフィス」を利用するのも一つの選択肢です。

バーチャルオフィスは、安価な料金で利用できるのが魅力的ですが、だからと言って不用意に選択すると、事業の拡大や取引先の獲得などに際して、不利な状況に置かれる可能性もあります。そのようなリスクを回避し、バーチャルオフィスを上手に利用するために、そのメリット・デメリットを理解しておくことが大切です。

起業するにあたって必要となる住所や電話番号、ファクシミリ番号などをレンタルするのが、バーチャルオフィスのサービスです。バーチャルオフィスと似通ったサービスに「レンタルオフィス」があります。両者は混同されることも多いので、その相違点をきちんと把握しておきましょう。

一口にバーチャルオフィスと言っても、さまざまな種類のサービスが存在します。例えば。バーチャルオフィス専業のケース、レンタルオフィスとの兼業であるケース、バーチャルオフィスという謳い文句で、実際には電話代行・秘書代行サービスのみ提供しているケースなどがあります。

バーチャルオフィス

起業家にとって、初期費用をできるだけ低く抑えるのは切実な課題となります。「バーチャルオフィス」は、そのような目的を果たすために利用することのできるサービスの一つです。このサービスは、リーズナブルな料金設定に魅力があります。とは言え、安易に利用すると、事業規模の拡大や取引先拡大などに失敗し、自分を追い込む結果を招いてしまうことにもなり兼ねないので、注意する必要があります。

バーチャルオフィスのサービスでは、事業を始める人を対象として、会社の住所や電話番号、FAX番号などをレンタルしてくれます。「レンタルオフィス」は、バーチャルオフィスと類似したサービスで、混同されやすいので、違いをしっかり理解しておくことが大切です。バーチャルオフィスのサービスを取り扱う会社には、専業のところもあれば、レンタルオフィスと兼業のところもあります。また、バーチャルオフィスと謳いながら、実際は電話代行などのサービスしか提供していない場合なども存在します。

バーチャルオフィスでは、住所・電話番号などだけレンタルされ、一般の事務所のような業務スペースを持たないのが一般的です。バーチャルオフィスに届いた郵便物、掛かって来た電話は、事前に設定した住所・電話番号に自動転送されることとなります。一方、レンタルオフィスの場合、住所・電話番号などに加え、業務スペースも貸し出されます。ここでは、バーチャルオフィスのメリット・デメリットについて詳しく解説します。